群馬県で15年冬季国体

By in 群馬ニュース on 2013年1月20日

日本体協は18日、2015年の第70回冬季国体の開催地が群馬県に決まったと発表した。

スケート・アイスホッケー競技会を開いた07年の第62回大会以来の開催となる。23日に日本体協の岡崎助一専務理事、日本スケート連盟の橋本聖子会長らが群馬県庁を訪れ、開催決定書を手渡す。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/18/kiji/K20130118005007590.html

国体(国民体育大会)は1月のスケート、2月のスキーが有名です。学生にとっては目標となる大きな大会ですが、勝利至上主義だとかジプシー選手、大会規模の肥大化など色々な問題点も指摘されているようです。

群馬県では1983年のあかぎ国体「風に向かって走ろう」以来のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です