甘い香りを持つ新たな清酒向け醸造酵母を開発

By in 群馬ニュース on 2013年1月9日

群馬県、JAEAと共同で甘い香りを持つ新たな清酒向け醸造酵母を開発
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/11/110/

群馬県立群馬産業技術センター(群馬産業技術センター)と日本原子力研究開発機構(JAEAは12月10日、JAEAが開発した新しい育種法「イオンビーム育種技術」で作り出した2000株以上の中から、風味のバランスが良く、従来の酵母にはない”甘い香り”を持つ新酵母を選出し、3年間の醸造試験を行った結果、十分な醸造適性があることが確認されたことを発表した。

以上引用

「イオンビーム育種技術」による酵母の開発という、なんとも近未来的でおしゃれ感ゼロなネーミングの技術で作られたらしい。希望する県内酒造蔵に頒布していく予定らしいけど無料なの?

ともかく、美味しい銘酒が生み出されて群馬県の名物になればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です