富岡製糸場を世界遺産に

By in 群馬ニュース on 2013年1月24日

世界遺産登録を目指す富岡製糸場と絹産業遺産群の知識を楽しく学んでもらおうと、NPO法人富岡製糸場を愛する会(高橋伸二理事長)は、

「学びパンフレット―富岡製糸場を世界遺産に」の2013年改訂版を2千部作製した。「Q&A(質問と回答)」形式で富岡製糸場、蚕、世界遺産の3分野を学べる冊子で、富岡甘楽地域の教育機関などに配布する。

http://www.jomo-news.co.jp/ns/3213589496111821/news.html

先日、今井清二郎さんの紙芝居を拝見した。5年がかりで全5話を作り上げたそうで、その熱意に驚いた。紙芝居は製糸場の歴史や、その意義が学べる内容になっている。

富岡製糸場を愛する会の紙芝居部会では、上映メンバーを募集しているので、興味のある方は是非問い合わせてほしい。

事務局(090-8000-6581)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です